3月引越し相場

3月は引っ越しの繁忙期
で料金相場及び費用が年間でピークになります。

 

通常期の料金相場の一例

で言えば
料金の平均目安は?
(通常期の100km以内の場合)

 

「一人暮らし」(転勤、単身赴任など)
➡約5万円〜約6万円前後
※3月の相場は約2倍

「二人暮らし」(新婚、カップルなど)

➡約7万円〜約8万円前後
※3月の相場は約2倍

 

家族(三人以上)
➡約10万円〜約12万円前後
※3月の相場は約2倍

 

家族(4人以上)
➡約15万円前後
※3月の相場は約2倍

 

という感じになろうかと思われます。
※荷物の移動の距離によっては増減しますのであくまで目安。

 

より具体的な引っ越し料金の目安を比較検討したい方は
【こちら】でかんたんに調べられます。

 

 

 

上記のような引越しポータルサイトを
使った方法がおすすめな理由は
引っ越し業者の料金比較及び相場の確認がすぐ行え
お急ぎの方は料金を確認して
すぐ予約もできますし
複数業者に一括で見積もり依頼し
料金及び相場を比較検討した後に
値引き交渉する方法も有効
になります。

 

上記により半額近く(50%)の値引きに
成功
できるケースもあります。
ので、使わない手はないかもしれませんね。

 

また、抽選にはなりますが
上記を利用した場合
最大10万円のキャッシュバッグのキャンペーン
もあります。

 

料金相場の通常期の
➡3月は2倍程度
になる事もあります。

 

そのため、アパートやマンションを始め
年始から賃貸物件等を新規契約される方が多く
引っ越しシーズンが3月と言えるでしょう。

 

当然、引っ越し業者も
この引越し繁忙期の3月のピークに向けて
スタッフ(バイトの短期)募集を
積極的に行っている状況もあります。

 

 

と言いますのも
新入学(上京など)・新社会人
及び会社では人事異動がある時期になるためです。
引っ越しの繁忙期(3月)とは?
いわゆる人が移動する時期とも言えます。

 

現在の料金相場を即知りたい方は
【こちら】の無料一括見積もり
するとすぐわかります。

 

 

 

引越しを行う際には
引っ越し業者の空きスケジュールと
ご自身のご希望が合わないケースが
例年見受けられます。

 

そういった意味では
スケジュール重視の方は
➡即予約
料金相場よりも安く済ませたい方は
可能ならば、時期を少しズラす。
これにより料金比較で半額近くになるケース
も、多分にあります。

 

といった配慮をしておくのが
3月に引越しを検討する上で重要ではないか?
と思われます。

 

正直に書けば
なにも最も料金相場の高い3月に
引っ越しを行うのはおすすめできませんが
とはいえ、様々な事情で
3月に引っ越しをせざろうをえない状況も
あろうかと思われます。

 

その場合には
ある程度の出費を覚悟の上で
早めに、引っ越し業者のスケジュールを押さえにいく
(=予約)
というのも手かもしれません。

 

そこで【こちら】

 

引越し侍予約サービス

 

 

上記で、すぐ3月に依頼できる業者に予約してしまうのも手です。
※もちろんご自身のお荷物、距離・スケジュールに合わせて。

 

 

(以下 ご参考までに)
今時は、
インターネット一括見積もりを送信すれば、
提携してるいくつかの引っ越し業者を
一発で比較検討できますので、
ずば抜けて割安な引っ越業者を
迅速に選ぶことができるんです。

 

 

引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

 

 

きっと引っ越しが終わってから
インターネットの引っ越しをイメージしている人も
結構いるのではないかと想像していますが、
その場合、迅速に扱うことはできないのです。

 

なるたけサッサと、
通信環境を整備しないといけません。

 

ティピカルな四名の所帯の状況の引っ越しをイメージしてみます。
移動距離が短いよく見られる引っ越しで計算して、
3月以外なら相場は?
平均すると安くて7万円、高くて30万円が、
相場だということを表すデータが出ています。

 

引き続き、エアコンを使いたい。
と算段している世帯は、
覚えておくべきことがあります。

 

小規模の引っ越し業者も、
大体家庭用エアコンの引越しの金額は、
総体的に追加で請求されます。

 

あらかじめ専門業者に依頼することで安くなるので
そういったご希望の方は【こちら】

 

エアコン取り付け・取り外し

 

 

荷物を運ぶ距離と荷物のボリュームは当たり前ですが、
季節でも額が大きくなったり小さくなったりします。
最たる月が3月なのです・・・。

 

特に忙しくなる人事異動の頃である4月に向けて
3月は、それ以外の時期と比較すると相場は上がります。

 

 

3月以外なら・・・。
まず予定日が近々の引越しをお願いしても、
高額な料金などは徴収されないと見ています。

 

 

ですが、極力コストを抑制しよう
とするテクニックは3月はさほど効力を発揮しないでしょう。

 

転職などで必要が出た時に、
そんなに急かされていないシチュエーションならば、
引っ越し業者に見積もりを依頼するのは、
書き入れ時の3月を外すということが一般的です。

 

 

近距離の方なら料金相場の見当をつけておきたいですよね。
分かり切ったことですが、
引っ越し業者の料金には規制が存在しませんので、
どこの業者にきてもらうかにより、
大幅に支払い額が左右されてきます。
※3月はその開きが如実と言えます。

 

現在は、インターネットが大衆化したことで、
「一括引越し見積もり」サイトを訪れて
「節約できる引越し業者」を発見することは、
ネットが使えなかった頃と
比較して分かりやすくて精度が高くなったのは確かです。

 

【こちら】をチェックしていただくとわかりますが

 

引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

 

 

単身引越しの支払い額の相場は、
¥30000〜¥100000となります。
※単身の場合でも3月は上記の1.5倍が相場と思います。

 

然れども、この額面は近い所だった時です。
別の都道府県への引越しを行うのであれば、
必ず割高になります。

 

初めに引っ越し業者に家財道具を確認してもらうことで、
運搬物の量をちゃんとはじき出せるため、
その荷物量にぴったりの人数や
中型車などを準備してもらえるのです。

 

もし、3月に引っ越しの予定があるのなら、
数軒の引越し屋さんをwebで一括比較し、
妥当な料金でスムーズに済ませましょう。

 

複数社比較することによって、
値段の最大限度と最も安い引越し料金の開き
を読み取れるかもしれません。

 

3月であれば第1候補〜第3候補ぐらいまで
検討する必要があるかもしれません。

 

それだけではなく、
サイトオリジナルのお値打ち情報も
提供されていたりするケースもあります。

 

最近、携帯電話で
インターネットの一括見積もりサイトに
登録する主婦の数がかなり伸びる兆しです。

 

その流れを汲みとって、
専用サイトの検索ヒット数も増進しているようです。

 

更新履歴